HOME > Blog > アーカイブ > 2022年1月

Blog 2022年1月

RADバレエ検定試験のご説明


「RADクラス」というのは、英国ロイヤルアカデミーオブダンスによるバレエ検定試験を受験するための特別クラスです。
 
RADクラスでは、年齢とバレエのレベルに応じたグレード(級)に分かれ、1-6人までの少人数クラスでレッスンを行います。担当するのは、英国RAD本部の教授資格を取得した正規の登録教師のみです。資格の取得は簡単ではなく、日本国内に有資格のバレエの先生は140名ほどです。

また、普通の『バレエ教室』では行うことが出来ません(町田市にはADA以外にRAD登録教室はないようです。)ですが習い事としてのバレエにこそ最適な、付加価値のあるとても良い試験だと思っています。
 
★RADクラスの特徴としては、
 
・個人個人に目が行き届く、セミプライベートレッスン
・少人数制でわからないことやできないことは丁寧に指導を受けられる
・体を動かすだけでなく、バレエの動きや振りの覚え方などについて、ノートを使っての学習がある
・バレエ用語の正確な意味と、正しいやり方をひとつずつ学ぶ
・骨格や筋肉ついて、年齢に応じた解剖学的な学習がある
・自分だけでなく、同じグループの仲間と一緒に試験にのぞむという協力を学ぶ(周囲に目を配りつつも自分のことをきちんとする)
・試験は英語で行われるので、英語に触れながらのレッスンとなる(教師が英語でリハーサルします)
・古典バレエだけでなく、いろんな形式のバレエを学ぶ
・RAD試験は日本と英国だけでなく、世界中で共通に行われているとても格式のある資格
・バレエを確実に習得できる(不得意やクセを克服できる)
 
など良い点がたくさんあります。
一番の特徴は「きめの細かい少人数レッスン」ということです。
 

★また、以下のRAD専用道具を使用します。
 
・キャラクタースカート(無料)
・キャラクターシューズ(レンタル料5,500円でサイズ交換無制限)
・各グレードの課題曲に必要な小道具(無料)
 

★こんな生徒さんにおすすめです
 
バレエを少しやってみて、
・ついていけない時ややり方がわからないことが時々ある
・バレエが楽しいのでもっと上手になりたい
・せっかく習い事をしているので成果を残したい
 
という生徒さんにお勧めします。
これまでの私の経験から、RAD試験を受験すると、皆さん自分の踊りに自信を持ち、ますますバレエが好きになるようです。私自身も試験を受けてきましたので、その楽しさやむずかしさ、達成感は今でも覚えています。
 

★料金について

もちろんRADクラス以外の普段のレッスンでも、最大限きめ細かく、学習効率の良いレッスンを心がけていますし、ADAは他教室に比べて丁寧だという評判もいただいています。
RADクラスではそれよりもさらに質の高いレッスンを受けられるよう、ADAでは責任を持って監修しています。そのため、「RAD料金」として通常の月謝にプラスさせていただいているのです。
 

★検定試験について

試験は通常5-6月に行われ、外国から特別な資格を持つ「試験官」がスタジオへ派遣されてきます。試験の本番には教師は同席することができないため、生徒たちは自分たちグループの力だけで英語のやり取りをしながら、課題の踊りをすべて見せることになります。試験にはいくつかの厳格な決まりやマナーがありますので、踊りだけでなくそれも含めて身だしなみや立ち居振る舞いまでを事前にしっかりと練習します。
 
<試験当日の流れ>
各グループの割り当て時間に合わせて集合し、身だしなみを整える

時間になると試験官がベルを鳴らすので、受検者のみで入場

きれいに整列し、バレエのおじぎ、その後英語であいさつと名前確認

踊りの開始

終了したら最後の挨拶をして退室
 
試験の結果は数か月のちにわかり、合格証と採点表、合格メダルを授与されます。
必ずしも良い点数ばかりではありませんが、学習においては、「うまくいったこと」よりも「うまくいかなかったこと」「苦手なこと」を克服してゆくのが大切です。
また、子供のころからそういった自分の『ありのまま』に向き合い、受け入れたうえでモチベーションを高めてゆくのも、とても貴重な人生経験だと思います。
 

★最後に

バレエの上達だけでなく、
「学ぶこと」「心を成長させること」「自分に責任を持つこと」「美しくあること」
を指導してゆきたいと思っています。
 
もしご不明な点がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。
 
青山

1

« 2020年11月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ