HOME > Blog > バレエを習うということ > 「ストレッチ」どうしてしないの?

Blog

< 3才でも4才でも  |  一覧へ戻る

「ストレッチ」どうしてしないの?

青山ダンスアカデミーでは、レッスン中、みんなでストレッチはしません。(たまにはやりますが)

なぜか?

それは、ストレッチの「目的」と「筋肉への作用」に理由があるのです。安全性と、時間の都合も。

目的:体がやわらかいほうが、バレエの美しいポーズは作りやすいのでストレッチは必要。
けれど、体がやわらかいからといって、美しいポーズができるとは限らない。
そして、体が極端にやわらかくなくても、美しいポーズは出来る。
また、やわらかいものは一般にコントロールがしにくい。

体への影響:筋肉はゴムと同じ、急激に強く伸ばすとはたらきが悪くなる。
はたらきが鈍くなった状態でレッスンを行うのは、上達の効率が悪い。
バランスを崩したり、着地に失敗したり、危険でもある。
そうならないために、不必要に体が力んだ場合、筋肉がゴツくもなる。(美しくない)

また、体を柔らかくするっていうのは、筋肉を伸ばすの?じん帯を伸ばすの?関節をやわらかくするの(!笑)?

結構なにをしているのか、分からないものですよね。
最中にMRIでも撮れればいいけど(冗談です)。

だからレッスンでは、ストレッチではなく、筋肉を感じたり、体幹にスイッチを入れるための「筋トレ」をします。
時間は限られているので。無駄なくすばやく上手にしてあげなくちゃ。

筋トレもストレッチも正しく行うのは難しいです。
「よく見ると間違っている」のを見逃さないためには(トリックモーションといいます)とても指導力が問われると思います。
未成年の体は、不完全で弱く、無理なストレッチで一生の障害が残らないとも限りません。
習い事のためにそんなリスクを負うのはどうでしょうか。。。

また、極端にやわらかくなくてもバレエは踊れますが、体が強くなくてはバレエは踊れません
バレエは体力的にとてもハードなのです。そういう優先順位です。

そして1回のレッスンで両方やる時間はありません。
なので、筋トレを優先しています。

でも、上手になりたければ、強さに加え、柔軟性はやはり必要です
どっちも必要。

「バレリーナ」と名乗りたければ、バレリーナらしくふるまわなければ。

さあ、あなたならどうする?
生徒しょくん(笑)!


カテゴリ:

< 3才でも4才でも  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

3才でも4才でも

「教育」って “教え”、“育てる” ことですよね。

自分よりも目上の誰かにしてもらうもの、っていう感じ。

でも、私は「自分で自分を教え、育てる」ようになったほうがいいと思う。

つまり、受身じゃなくて自分から知識や成長を求めて行動してゆく感じ。
自分に何が必要なのか、自分は何がしたいのかアンテナを張りながら。

バレエでそうしている人は必ず上達しています。

うちの生徒たちは、そうやってものごとを学ぶ姿勢を身につけられるように指導しています。

一番小さい年少児さんからきっちりと。
小さいからって手を抜きませんよ(笑)。
むしろ年齢なりに、そうしてあげたほうが成長が見られます。

そういうのってバレエじゃなくても、一生役に立ちますからね。

そうして、素晴らしい人になって欲しいです。
バレエでもバレエじゃなくても。

シルバー世代にもバレエを

本国英国RADでも、今さかんになってきているムーブメント…

「シルバー世代にも、だからこそ、バレエを!!」

体のためにも、こころのためにも、バレエには良いところがいっぱい。
無理をせず、自分にとって良いところだけ、取り入れてください。

当スタジオにまったく初めてバレエを体験に来たみなさん、体験レッスンを終えて、
または二度目の来訪で、

「これはなんだかすっごく良さそうですね」
「頭使いますね」
「終わったら、なんか、スッキリしてました」
「首、肩が伸びて気持ち良かったです」

でしょ!!

そうです。
日々の疲れに効くんですよ!

私も、毎日毎日バレエを教えてますが、たまった疲れを取るために
自分の稽古に電車に乗って出かけるくらいです(笑)。

年齢を重ねるにつれ、体力や健康にもいろいろ不安が出てきます。
わかります。

ワタシ二児の母、写真の見た目に10歳足して実年齢を当ててください(昔から童顔なので)。

大丈夫、その人なりにできることがあるんです。
やらなければゼロ、やれば何かが手に入ります。

大人の事情とひとりひとりに向き合ったレッスン、提供します。
だから一週間にいろんなクラスがあるんです。
ただ、難易度が違うだけではありません。

「シルバー世代にもバレエ」
これから広まるといいな!

私だって別れは寂しい

今月も3人の新しい仲間が加わってくれました!ようこそ!!

と、同時に、3人の仲間が去ってゆきます。
出会いと別れはどうしてもつきものです…。

お父様の母国スコットランドへ永住帰国するAちゃん
バレエは大好きだけど、ご両親と相談して、別のことにチャレンジすることにしたBちゃん
同じく、バレエは大好きだけど、将来の夢のために今は勉強に注力することに心を決めたCちゃん

Cちゃんのお母さまから、最後のレッスンの翌日、こんなメッセージをいただきました。

「寂しくなります。
昨日は寂しいから30秒で着替えてささっと帰ったみたいです。
帰ってきてからも、泣いてました。

私の通っていたバレエ研究所は、とにかく先生がキレると怖くて、
おびえながらビクビクすごしていました。それがバレエだと。

青山先生は、リハーサルも穏やかだし、子供たちが安心し、
うちの子は先生に言われたことは、すんなり受け入れ、理解できるようでした。
私も先生に習いたかったなぁ~と密かに思っていました。

幼稚園時は、本当に落ち着きのなかった子ですが、先生と出会い、
バレエを通して礼儀や集中力など色々な面で、成長できたと思います。

本当に辞めるのかなとこの一カ月あまりに心が痛く、ついにこの日が来てしまったと
私の方も寂しい気持ちでいっぱいです。

また機会があればよろしくお願いします。
どうもありがとうございました。」

週3~4回レッスンに通い、4年間熱心に学び続けました。
決して器用ではないけれど、コツコツと頑張り続けたCちゃん、
Cちゃんのダンスはなんていうか、色が濃くて、キラキラして、大好きでした。
レッスン中に気が散ってしまうのは随分注意したけどね(笑)。あとお行儀もね。

最近はキリっとしたお姉さんになって、私は密かに
『成長とともに化けた人』として心の中にファイルしていたのよ。
これからも楽しみですね。
勉強がんばれよぉー!

Aちゃんも『化けた人』です。
日本語がまだたどたどしい頃にやってきて、いろんなことが彼女にとっては新しく大変な環境でした。
レッスン中も落ち着かなかったり、集中できない彼女だけに私から英語で注意したり。
今週、引っ越しぎりぎりの日程まで受けに来た最後のレッスンも熱心でした。
頑張って、元気でね。

Bちゃんは、バレエ歴は長くないものの、持ち前の運動神経の良さと、
しっかりした自我で、がっしりとバレエに向き合い、みるみる上達。
今年の試験でさらに自信をつけ、クラスを引っ張る存在になっていました。
やめるということが決まってからは、ますます一瞬一瞬を大切に、丁寧に踊っていたように見えました。

あの、「おはようございまぁす」っていう顔たちが入ってこなくなるのかぁ。寂しいなぁ。
いつでも戻ってきてね!

それまで先生は…

Cちゃんの妹のDちゃんや、他の化けそうな人たち(笑)を引き続き育ててますからね~^^。


頑張ることが大事?それとも、結果を出すことが大事?

「頑張ったんだから、結果はともあれ、それでいいんだよ!」

それとも

「どんなに頑張ったって、結果が出なければ意味がないでしょう。」

どっちだと思います?

来週は年に一度の検定試験です。
今年も30名以上が受験します。
みんな頑張っています、とっても!

でも、試験なので点数と結果が出ます。シビアです。
点数に応じて、金、銀、銅のメダルも出ます。

メダルといえば、みんな欲しいのはもちろん金メダル!

オリンピックでもメダルの数ってすごく話題になりますよね。
だから、小さい子供でも「金メダル」が欲しいってなります。

でも、金メダルは取るのがとっても大変なんですよ。
努力したからって、必ず取れるわけではありません。
残念ながら…。
かたや、銀と銅は軽視されがちですが、立派な「合格」です。
不合格に比べても、とても大切な成果であることがわかりますよね。

私たち教師は、もちろん全員が金メダルを取れるように、
少しでも近づけるように、上を目指して一人ひとりを指導します。
あー、試験の準備は本当に大変です(笑)。

それでも、満足な点数を取れなかったとき、生徒に何て言うでしょう。

「頑張ったから、いいんだよ。気にしないでまた頑張ろう!」

…なんて絶対、言いません!!

バレエは舞台で綺麗に踊れてなんぼ、お客様を感動させて拍手をたくさんいだたいてこそです。
「努力」には拍手はもらえません。結果を出さないと。
見ごたえのある、いい踊りを見せないと。

そして、生徒一人一人は、もちろん結果を出したくて、自分を信じて頑張ってるんです!
努力さえすれば結果は二の次なんて、まったく思ってません。
いい結果が欲しいのは誰よりも自分。
それなのに、気にするな、なんて失礼なことは言えません。

だから、試験で点数が取れなかったら、がっかりして落ち込まないとだめです。
悔しくて泣いたっていい。
でも、そこから這い上がってきて、闘志を燃やさないと。

人生なんでも思い通りにはいきません。
悔しいことや、歯が立たないことばかり。
大事なのは、それに何度でも立ち向かっていけることですよね。

そういう風にメンタルを指導しています。
具体的にどうやって?

それは企業秘密です(笑)。
つべこべ説教するだけじゃ、だめですよ、ちなみに。

Y字バランス、ビールマンスピン=やわらかい体

バレエを習うと、体が柔らかくなる

生まれつき体が柔らかいからバレエに向いている

そういうものだと思っている方は多いですよね。

ええ、実際バレエには体の柔軟性が求められます。
ストレッチも大切です。
小学校高学年ともなれば、
脚のスプリッツが少なくとも180度は開かないと、まったく話になりません。
そういって、生徒を教育しています。

それは、

思い通りに動き、上手に踊るために。
自分の体の限界を押し広げるために。

つまり、踊るため。

踊りの良さ>柔軟性 です。

柔軟性>踊りの内容 ではなく。


体が柔らかいということは、同時にぐにゃぐにゃしやすいことが多いです。
それをコントロールする筋力が必要になります。
つまり、そのまま柔らかいだけでは、踊りにくいんです。
筋肉がつかないと。
けがの危険もあります。

では、ごく小さい幼児のうちから、極端な柔軟性を重要視する必要があるか?
筋肉どころか、骨格さえまだ出来上がっていない体なのに?
わざわざ御しにくくて踊りにくい体を作るの?
貴重なレッスンの時間を割いて?

どう思います?
フフ…

このページのトップへ